月別アーカイブ: 2018年 3月

早咲きのサクラについて

桜の品種は、自生や改良品種を含め200種以上ある事や
品種が混ざり易い事を以前記載しましたが
カワヅザクラを代表として「早咲き」と呼ばれる品種も数多くあります。
早咲きを決める最大の要素は血統です。
交配した親が早咲きの「カンヒザクラ」やソメイヨシノよりやや早い「エドヒガンザクラ」の品種は
早咲きの性質や花の様子、姿をしている事が多いです。

カンヒザクラとオオシマザクラが自然に交配し発見されたカワヅザクラや
人間の手で交配品種として生み出されたイギリス生まれのオカメザクラ(カンヒザクラとマメザクラ)
富山県で見つかったコシノヒガンザクラ(エドヒガンザクラとキンマメザクラ)
エドヒガンの変種として見つかったベニシダレザクラなどなど。

早咲きと呼ばれる品種群はソメイヨシノより早く咲くと言うのが基本です。
現在見ごろに入っているサクラが近くにありませんか?
そのサクラは早咲き品種か寒咲きの桜(冬桜や十月桜など四季咲き系の桜)の可能性があります。
最近でも新品種が見つかる桜。
個性がある個体も見かけますのでお花見シーズンにはじっくり観察してみては如何でしょうか?

※写真は荒子川公園の桜たちです。

カンヒザクラ3月13日 カンヒザクラ3月13日

オカメザクラ見頃3月21日 オカメザクラ見頃3月21日

コシノヒガンザクラ見頃近し3月21日 コシノヒガンザクラ見頃近し3月21日

ベニシダレザクラ3月21日 ベニシダレザクラ3月21日

なごや花のまちづくりネットワーク 第3回総会・特別講演会

「なごや花のまちづくりネットワーク(愛称:花ネット)」は、名古屋市内で花を愛し、花と緑のまちづくり活動に取り組む市民団体等による緩やかなネットワークとして平成28年2月に設立されました。
情報交換など会員交流会や相互訪問、花をテーマにした講演会、スキルアップのための講習会、ガーデン又は緑地の見学会等の活動を行っています。

3月9日(金)には花ネット第3回総会と特別講演会が開催されました。
今回の記事はその様子をレポートします。

総会では、平成29年度活動報告と平成30年度活動案内が行われました。
平成30年度活動は下記の内容です。

【4月25日(水)】
春の種まき交流会
【5月8日(火)】
鶴舞公園 バラ園見学会
【5月15日(火)】
荒子川公園 園芸講座(連続)
【7月12日(木)】
みんなで楽しもう!ハーブ講座(全4回)
【7月13日(金)】
交流バスツアー「信州清里ナチュラルガーデン見学ツアー」
【10月上旬頃】
花ネット加盟団体花壇見学会
【2月下旬頃】
花ネット総会

花ネットでは様々な活動を通じて「花と緑がいっぱいのまち名古屋」を皆さんと一緒につくりたいと考えています。名古屋市内で花と緑のまちづくりボランティア活動に取り組んでいる市民団体または個人の登録を受け付けています。ぜひご参加ください。

花ネットの活動内容や申込の詳細は花ネットHP

http://www.nga.or.jp/flower_partnership.html

または、下記事務局までお問い合わせください。

特別講演会では日本ハンギングバスケット協会本部認定講師の武島由美子氏を招き「カラーにこだわるコンテナガーデン」と題して、ハンギングバスケットやペットボトルを用いた花飾りのポイント等を講演、実演いただきました。

ここではペットボトルのハンギングの作り方を紹介します。

●準備するもの
2Lペットボトル(硬めのもの)、隙間テープ(幅のあるもの)、花苗3株(実演ではアイビー、ビオラ、ユリオプスデージー(矮性))、培養土

①ペットボトルの注ぎ口から10cm程下を切り取る。切り口には安全対策としてセロハンテープを貼る。

②花苗を差し込む隙間として、下部4cm程を残してペットボトル側面を4cm幅のコの字に切り取る。切り口に隙間テープを貼る。

③水抜け穴を底面に4か所、吊り下げフック等を取り付ける穴を②の反対側に2か所あける。

④培養土を5cm程入れ、アイビーを入れる。(花苗はポットから取り出す。根が良く張っていたら切り取る。)

⑤培養土を入れ、ビオラを入れる。

⑥培養土を入れ、ユリオプスデージーを入れる。ペットボトル上面に位置するため、花苗の向きを斜めにする。

⑦培養土を入れた後、水苔を敷く。

武島氏からは「ハンギングを4つ並べると見応えがある。ぜひ家で飾ってほしい。パンジーやビオラは6月頃まで楽しむことができ、今の時期に購入するなら節間がきゅっとしまった苗を選んで。」とのアドバイスをいただきました。
他にも「街の中での花飾りは混植を避け、シンプルな配色にすると良い」「花苗は咲き続ける品種を選ぶと良い。ビオラ、パンジー、ベゴニア等は半年程先続ける。」「ハンギングバスケットはフォーカルポイント(視界の中心になる部分)となる中段を起点にして花がボール状に形を作ることを意識する」等、実演を交えながら配色や品種の選び方に関するレクチャーもありました。

実演後の写真撮影では多くの参加者がハンギングバスケットを取り囲み、講師へ熱心に質問する方もいらっしゃいました。今回の気づきが花ネット会員皆さんの活動の参考になり、より素敵な活動フィールドや地域になれば嬉しいです。

また今まで花飾りを行ったことがない方がこのページを見て、興味や関心を持つきっかけになったらと思います。
ペットボトルのハンギングは、特別な資材を購入しなくても身の回りの物を使って作ることができますので、この春は暮らしの中に花の彩りを加えてみませんか。

なお武島氏は、久屋大通庭園フラリエにて4月12日(木)から15日(日)まで開催される「フラリエみらい花フェスタ」に出店及び販売ブースを設置、運営されます。
こちらもぜひ足をお運びください。

【問い合わせ先】
なごや花のまちづくりネットワーク事務局
(公財)名古屋市みどりの協会事業部緑の協働課
〒466-0064名古屋市昭和区鶴舞一丁目1-166
TEL:052-731-8590
FAX:052-731-0201
E-mail:midori-b@sc.starcat.ne.jp

花ネット総会 花ネット総会

特別講演会 特別講演会

ペットボトルのハンギング ペットボトルのハンギング

ペットボトルのハンギング(1個) ペットボトルのハンギング(1個)

ペットボトルのハンギング(4個配列) ペットボトルのハンギング(4個配列)

ペットボトルのハンギング作り方 ペットボトルのハンギング作り方