月別アーカイブ: 2017年 10月

小さなリンゴ「アルプス乙女」

東谷山フルーツパークでは、「アルプス乙女」という品種のリンゴが植えられているのをご存知ですか?

アルプス乙女」とは、北アルプスのふもと、長野県松本市の農家のリンゴ園で発見・育成され、1968年(昭和43年)に品種として命名・登録されたリンゴです。
ふじと紅玉の混植園で偶然発見されたというこのリンゴは、直径4センチ、重さ25~50グラムと小ぶりながらも、糖度が15度ほどある甘さと酸味がバランスのとれたさわやかな味わいです。

リンゴは他の品種の花粉が必要で、同じ品種の花粉だけでは実がなりません。
しかし、「アルプス乙女」は1本の木だけでも実をつけます。
花をたくさん咲かせるので、他の品種に花粉を提供する受粉樹としても栽培されています。

アルプス乙女」は縁日などで見かけるリンゴ飴の材料としても使われています。
また、弁当箱にスッポリ入る大きさから「ランチボックス・アップル」とも呼ばれています。

最近ではスーパーや花屋さんでも見かけることが多いですね。
食べるもよし、飾るもよしの「アルプス乙女」、みなさんも見かけたらぜひ小さい秋を楽しんでみてください。

そして、東谷山フルーツパークでは毎月第3土曜日にお楽しみイベントを開催しています。
10月21日(土)には、「アルプス乙女」を使ったリンゴあめ作り体験も予定していますので、ぜひ遊びに来てください。

アルプス乙女の花 アルプス乙女の花

アルプス乙女の実 アルプス乙女の実

小さな実をたくさんつける「アルプス乙女」 小さな実をたくさんつける「アルプス乙女」