月別アーカイブ: 2017年 7月

猿が滑る、百日咲く木・・・「サルスベリ」のお話

ギラギラと陽射し眩しい季節となり、梅雨明けもう間近です。そして、暑い中でも元気に開花を続ける「サルスベリ」の花が、「みどりが丘公園」でも見頃となってきました。

サルスベリの特徴と言えば、まずは元気いっぱい咲くそのお花。大きな綿菓子のような房状のものを枝先につけ、7月~10月頭頃まで開花し続けます。サルスベリを漢字で表記すると「百日紅」。百日咲き続けることからこの漢字名がついています。

花房に近寄って、じっくり観察すると、フワフワのシュシュのような花びらを6枚持つ、小さな花の集まりであることがわかります。このたくさんの小花達が、100日に渡って、次々に咲いていくので「百日紅」と名づけられたのでしょう。

気になるのは、一房には、一体、何個の花が咲くのかということです。そこで、一般的な大きさのサルスベリの房をちょっといただき、数えやすいよう花びらを取り除き、根気よく数えてみました。さぁ~て、結果は?・・・ナント、471個もありました!! だから、長く咲いているように見えるのですね~。なるほど納得の数字です。

この一つ一つの花は、秋には、その一つ一つが実になり、枝が風に揺れると、シャカシャカとマラカスのような音がなりますので、晩秋の散策時をお楽しみに♪

そしてもう一つ、サルスベリの特徴と言えば、そうその名の通り、猿も滑ることからこの名がついたといわれる、ツルツルの幹肌です。触ったことはありますか? 写真だけでは伝わりにくいので、どこかで見かけたらツルツル具合を是非お試しください。ただし、サルが滑るかどうかは知りませんが、昆虫達は滑らないようですよ。

ところで、この「サルスベリ」のように、動物の名前がつく植物を、みなさんはいくつ知ってますか? では最後に、猿がいる「干支」にちなんで、十二支の動物達が、「みどりが丘公園」に何匹潜んでいるのか(いたのか)、ご紹介したいと思います。

ネ(ネズミモチ)、トラ(オカトラオノ)、ウ(ウサギノオ)、タツ(タマリュウ)、ミ(ヘビイチゴ)、ウマ(馬酔木…アセビ)、ヒツジ(羊麻草…ドクダミ)、サル(サルスベリ)、トリ(鶏頭…ケイトウ)、イヌ(オオイヌノフグリ)です。結果は、12匹中10匹います(いました)。まずまずでしょう。

ちなみにですが、「ウシ」と名の付く植物には、なかなか出会えませんよ。見つけたら、かなりラッキーです。そうそう、もうすぐ夏休み。植物に興味があるお子様達、この夏、緑の中で「ウシ」探し、動物の名前に関する植物探し、チャレンジしてみませんか?

サルスベリ(赤) サルスベリ(赤)

サルスベリ(白) サルスベリ(白)

アップでみるとこんな感じです アップでみるとこんな感じです

一房に、たくさんのツボミが!! 一房に、たくさんのツボミが!!

マラカスのような音がします。 マラカスのような音がします。

幹肌ツルツルです。 幹肌ツルツルです。

虫は滑らないようですが、猿は滑るのでしょうか? 虫は滑らないようですが、猿は滑るのでしょうか?

鼠・・・ネズミモチ 鼠・・・ネズミモチ

虎・・・ハナトラノオ 虎・・・ハナトラノオ

兎・・・ウサギノオ 兎・・・ウサギノオ

竜・・・タマリュウ 竜・・・タマリュウ

蛇・・・ヘビイチゴ 蛇・・・ヘビイチゴ

馬・・・アセビ 馬・・・アセビ

羊・・・ドクダミ 羊・・・ドクダミ

鶏・・・ノゲイトウ 鶏・・・ノゲイトウ

犬・・・オオイヌノフグリ 犬・・・オオイヌノフグリ