月別アーカイブ: 2017年 1月

牡丹の種類について

徳川園では1月2日(月)から2月19日(日)まで冬牡丹の展示を行っております。
わら囲いの中で凛と咲く冬牡丹はまた春とは違った趣を感じることができます。

徳川園は牡丹が有名ですが、冬牡丹、寒牡丹、春牡丹と大きく分けると3種類の牡丹が存在します。
そこで今回はこの3種類の違いについて紹介します。

春牡丹
4月中旬から4月下旬ごろに見頃を迎える牡丹。徳川園には55種1000株植栽されており徳川園の顔と言ってもいいかもしれません。
大きな花が特徴で、葉も茂り豪華な印象です。一般的に牡丹と言えばこの春牡丹をさします。

寒牡丹
春と秋~冬の2期咲き性の牡丹。自然の状態で時期が来れば自ずと花を咲かせます。
春牡丹と比べるとやや小型の花になります。冬季は葉があまり出ません。

冬牡丹
1月~2月の間に展示します。温室を利用して人工的に春の状態にして咲かせます。牡丹にわら囲いを設置し、寒さ、霜除けがなされます。青い長い茎と、大きな緑の葉が特徴です。この時期に牡丹が見れるのは生産者たちの努力の賜でしょう。

このように牡丹にもいろいろな種類があります。是非違いを知って季節ごとの牡丹を楽しみに徳川園へお越しください。

春牡丹 春牡丹

寒牡丹 寒牡丹

冬牡丹 冬牡丹

冬牡丹展示 冬牡丹展示