月別アーカイブ: 2016年 10月

園芸相談Q&A 「大学発 黄色コスモス」

日に日に涼しくなったり、日暮れが早くなったり、雲が空高く流れていたり。10月になって、様々な場面で秋の気配を感じられるようになりました。

コスモスは漢名「秋桜」のとおり、秋の訪れを知らせる代表的な花となります。

花色にはピンク色、あわいピンク色、白色などよく見かけますが、大学の研究室が開発した黄色の品種があることをご存知ですか?

1957年(昭和32年)、玉川大学農学部育種学研究室の佐俣淑彦教授が紅系のコスモスの中に、突然変異で黄色く発色した株を発見しました。

その株をもとに20年以上にわたって交配実験を繰り返し行い、より黄色味を帯びた株の選抜に取り組み、1980年(昭和55年)頃から鮮やかな黄色い花の定着に成功しました。

そして、1987年(昭和62年)に種苗法に基づいて世界初の黄色いコスモス「イエローガーデン」として登録がなされました。

その後、さらにはっきりとした黄色のコスモスが開発され、「イエローキャンパス」という品種名で多くの人の目を楽しませています。

「イエローキャンパス」は、咲き始めのときは白っぽく見えますが、気温がだんだん下がるにつれて黄色味が増すという特徴を持っています。

(引用:玉川学園の歴史

大学から生まれただけに、「キャンパス」と名付けられたのでしょうか、、、

鶴舞公園の正面入口プランターでは、そんな黄色のコスモス「イエローガーデン」をご覧いただくことができます。
隣のプランターにはピンク色や白色のコスモスもありますので、色の違いを見比べることができます。

また鶴舞公園に限らず庄内緑地公園、荒子川公園、久屋大通庭園フラリエ、みどりが丘公園、戸田川緑地では、コスモスやキバナコスモスが花壇などにダイナミックに植栽されています。

時期によってはご覧いただけないこともありますので、ご来園の際はお問い合わせください。

鶴舞公園 正面プランターのコスモス 鶴舞公園 正面プランターのコスモス

庄内緑地のコスモス 庄内緑地のコスモス

荒子川公園のコスモス 荒子川公園のコスモス

戸田川緑地のキバナコスモス 戸田川緑地のキバナコスモス

園芸相談Q&A「カボチャの旬っていつ?」

「冬至のカボチャ」のフレーズで冬の野菜と思われがちですが、カボチャの収穫時期は夏から秋。なので、夏野菜に含まれます。収穫後、10~15度くらいの環境なら1~2ヶ月の保存が可能で、保存して追熟させることで、でんぷんが糖に変わり甘味が増していきます。ヘタの茎がしっかり乾燥していてコルクのように枯れているのが完熟のお知らせサインです。おいしく食べる旬は秋から初冬にかけてになります。

 ちなみに、日本産カボチャの出荷の少ない2月から5月頃は主にニュージーランド産、12月頃から2月頃と5・6月には主にメキシコ産のカボチャがスーパーの店頭に並びます。

 農業文化園・戸田川緑地では10月4日(火)~11月6日(日)まで『ハロウィンは秋の収穫祭』を開催します!カボチャの展示や、紹介パネル、ハロウィンのコスプレコーナーなど、楽しくカボチャを学んでください♪

展示 展示

カボチャ カボチャ

写真 写真