月別アーカイブ: 2016年 2月

種類の多い ウメの花

江戸時代では、お花見と言えばサクラではなく、ウメの花を指していました。その時代に、多くの品種の育成・改良が行われて、現在では500品種以上あるとも言われています。

ウメは、大きく分類すると、花の観賞をする「花ウメ」と、果実を収穫するための「実ウメ」に分けられます。花ウメは、花を楽しむためということもあり、色や花数、香りだけでなく、八重といった花の形など多種多様です。

東谷山フルーツパークには実ウメだけでも13品種の種類があり、花の違いなどを見比べることができます。
例えば、「鶯宿(おうしゅく)」という実ウメは、ほんのりとピンクがかっている一重のウメで、鶯がやってくる頃に咲きます。「緑咢(りょくがく)」という花ウメは、花びらを支える咢が緑色をしており、遠目でみると花全体が緑色に見えます。また、「思いのまま」という花ウメは白と紅の二色咲きの花ウメで、白と紅の花を咲き分ける。と言われています。

このように、ウメと一言で言っても多くの種類があり、花が少ないこの時期を彩り、楽しませてくれます。ぜひ、この機会にお気に入りのウメの花を見つけてみませんか?

東谷山フルーツパークでは、今が花ウメの見ごろを迎え、実ウメが咲きそろってきました。遅咲きの花ウメや枝垂れウメは蕾が多いため、3月中旬までウメの花を楽しむ事ができます。

鶯宿(オウシュク) 鶯宿(オウシュク)

緑咢枝垂れ (リョクガクシダレ) 緑咢枝垂れ (リョクガクシダレ)

思いのまま 思いのまま

園芸相談Q&A「もうすぐバレンタイン。チョコレートって、なにからできているの?」

チョコレートは、アオイ科カカオ属のカカオという植物の種子(カカオ豆)から作られます。

古代メキシコ文明では、カカオの粉末をすり潰したものに水とトウガラシなどの香辛料を加え、壺に入れて棒でかき混ぜるか高い所から器に落として泡立てて飲んでいたと言われています。カカオ豆=チョコレートはヨーロッパ人によるメキシコ制圧によりヨーロッパに伝わり、修道士たちによって甘く飲みやすい飲み物として広められました。

現在栽培されているカカオ豆は、フォラステロ種、クリオロ種、トリニタリオ種があり、コートジボワール、インドネシア、ガーナ、ナイジェリアなど赤道に近い熱帯の国々で生産されています。

チョコレートはカカオ豆の産地によって風味が異なると言われ、各産地のカカオ豆をブレンドしたり、特定の産地の豆にこだわったりして、様々なチョコレートが作られています。チョコレートを選ぶときに、カカオの産地も気にしてみるとおいしい発見ができるかもしれませんね。

農業文化園・戸田川緑地「カカオとチョコレート」1月26日~2月21日開催

 

カカオの実 カカオの実

カカオ カカオ

園芸相談Q&A「失敗しないバラの剪定(入門編)」

Q84.バラの冬剪定のポイントを教えて下さい。

A84. 春に美しいバラの花を咲かせるためには冬剪定が欠かせません。

ポイントとしては、枝を深く切り戻し、バラの株を骨格まできれいに整える剪定は真冬の休眠期(名古屋では概ね12月末~2月の上旬頃まで)限定ですのでこの機会を逃さず作業を行います。

今回はバラの代表的な系統「ハイブリッドティー(HT)」、「フロリバンダ(F)」を例にとり、冬剪定の作業の要点と進め方を解説した後に、それぞれの注意点について説明します。

まず、冬剪定のポイントは以下の4点です。

①    剪定した枝先の芽は必ず外芽(株の外に向いている芽)になるようにします。

②    四方にバランスよく枝と芽を残し春からの健全な成長を図ります。

③    剪定前に比べ、樹高が1/2~1/3程度の高さになるように切り詰めます。

④    古い枝、弱い枝は除去し、株の若返り・更新を図ります。

以上の要点を踏まえ、冬剪定の実際の作業は次のように進めていきます。

①    古い枝、極端に細い枝を取り除き太く勢いのある枝を残します。

②    絡み合っている枝や込み合った枝を取り除きます。

③    残った良い枝を元の樹高の1/2~1/3程度の高さまで切り詰め、枝先は必ず外芽にします。

④    残った枝先に残った芽の数を数え、HTなら4~5芽、Fなら5~6芽程度になるまで枝数を絞りましょう。

その他に、剪定に不慣れな方はまず伸びている枝を株の半分位の高さまで切り詰め、そこから外芽を探しながら少しずつ切り下げていくと失敗しにくいです。

品種によって特徴は異なりますが、残すべき良い枝とは樹木のような縦筋が少し入った充実した枝で、HTであれば手の指ぐらいの太さ、Fであれば鉛筆ぐらいの太さが目安となります。

最後に、老化して勢いのなくなった株や小さくて充実していない株の剪定は、形を整える程度に留める事が重要です。

ハイブリットティー着手前 ハイブリットティー着手前

ハイブリットティー完了 ハイブリットティー完了

フロリバンダ着前 フロリバンダ着前

フロリバンダ完了 フロリバンダ完了

トゲに気を付けて作業しましょう♪ トゲに気を付けて作業しましょう♪

園芸相談Q&A 「フラワーバレンタイン」とは?

二月に入り、町はバレンタインデー気分が高まってきました。 日本では、女性から男性へチョコレートを贈る日とされていますが、 欧米を中心に世界のバレンタインデーは、「男女が互いに感謝の気持ちを伝える日」としての意味合いがあるんですよ♪

特に、近年では周辺のアジア諸国でもこの文化が浸透してきており、赤いバラを中心に、男性から女性に贈ることが最もポピュラーのようです。 2月14日は、世界でいちばん花を贈る日なんですね♪

これに合わせて、フラリエでは今月14日(日)まで、 「フラリエ フラワーバレンタイン」を開催しています。
クリスタルガーデン(大温室)内に「ミディ胡蝶蘭」フォトスポットができ、連日お客様が写真撮影を楽しまれています。
「あなたを愛している」という花言葉をもつ花。今回、愛知県のフラワーバレンタインにあわせた企画で、「ミディ胡蝶蘭」は地元愛知県の西三河から仕入れているんです。

また、8日(月)から14日(日)までの一週間は、企画本番!フラワーバレンタインあいち実行委員会さんが中心となり、 男性向けのブーケ製作体験教室やコンサートが企画されています。 (→詳細はこちら!)

特別な日でなくてもお花を贈る文化。これを機会に、見直して生きたいですね。

ミディ胡蝶蘭 ミディ胡蝶蘭

フォトスポット フォトスポット

フラワーバレンタイン イメージ フラワーバレンタイン イメージ